検索
  • miyahara

地域型バイオマスフォーラムの報告

 2019年7月19日に分散型エネルギー関連の全国7団体で共同開催された「地域型バイオマスフォーラム ~バイオマス分散型エネルギー創出による地域サービスを考える~」に参加してきました。

 関連7団体による初の共同フォーラムでしたが、開会挨拶に先立ち、増田寛也・東京大学大学院客員教授から「7団体の共同提案はSDGsの理念を映し国の今後の進むべき方向性を示すもの」とのお話しがありました。

 7団体共同提言の中でも、”分散型で地産地消のエネルギー”、”エネルギー利用に係る燃料購入費用が地域に還元される”、”里地里山固有の生態系保全や国土保全に貢献する”、などのバイオマス発電の特徴が挙げられ、基本的な考え方の一つに、「熱電併給による高効率な分散型エネルギーシステムの推進」は提言されています。

 ACE開発が推進する「小規模木質バイオマス・ガス化発電事業」はまさにその提言に当てはまります。

 共同フォーラムについは(一社)日本サステイナブル協会のHPからをご覧ください。

https://www.jsc-a.or.jp/news/1861





21回の閲覧

最新記事

すべて表示

木質バイオマス発電は「魔法の杖」ではない

NPO法人バイオマス産業社会ネットワークの泊みゆき理事長が、2014年にバイオマス白書に掲載した記事のタイトルです。 記事のポイントは、”日本で未利用材などを燃焼させる木質バイオマス発電の計画は60件以上あり、出力を単純合計すると70万kWを超え、もしすべて稼働すれば現在の素材生産量に匹敵する木材需要が生まれる”、 ”今の未利用材バイオマス発電狂騒曲では、ずさんな事業構想、楽観的過ぎる燃料調達、現

© 2023 by Nature Org. Proudly created with Wix.com