【小規模な木質バイオマス発電の推進について】

(農林水産省作成 平成27年1月27日 調達価格等算定委員会資料より)

​〇木質バイオマス発電は、他の再生可能エネルギー源と異なり原料の調達が必要であることから、安定的かつ持続的に運転を行うためには、地域の実情に即した燃料の供給体制を確立し、適切な規模で取り組むことが重要

〇小規模な木質バイオマス発電は、より地域の実情に即した地域主導の取組として取り組みやすく、地域に賦存する資源の最大限の活用と、それに伴う地域への利益還元につながる。

⇒⇒小規模な木質バイオマス発電が長期間(FIT期間20年)の事業として安定的・持続的に成立するためには、”発電効率”の高い発電システムが必要です。

その答えは、従来の燃焼ボイラー発電方式ではなく、”ガス化”発電方式です

© 2023 by Nature Org. Proudly created with Wix.com